キッチンの水漏れが起きた時にすべきこととは

キッチンで水漏れが発生した場合はまず止水栓や元栓を閉めよう!

キッチンで水漏れが発生した場合はまず止水栓や元栓を閉めよう! キッチンだけに限りませんが、水漏れが発生すると家の中が水浸しになってしまうので、自分で修理する場合も修理業者に依頼する場合も、まずは止水栓を閉めることが重要です。
一般的な家庭の場合、キッチンの止水栓はシンク下に設置されています。
ハンドルを回すタイプと、マイナスドライバーを使って回すタイプの2種類がありますが、どちらも時計回りに回すことで給水を止めることが可能です。
ただし、場合によってはサビなどが原因で簡単に回せないこともあります。
このような場合は、無理に回そうとせずに水道の元栓を閉めるようにしましょう。
無理に回そうとすると、給水管などが破損して水が噴き出してくる恐れがあるので注意が必要です。
また、水道の元栓は屋外に設置されており、一軒家であれば水道メーターの近く、マンションなどでは電気メーターなどがある玄関横の扉の中に設置されているケースがほとんどです。
なお、元栓を閉めた場合、家中のすべての給水が止まるので早めに修理を行う必要があります。

キッチンの水漏れ箇所を特定するための方法

キッチンの水漏れ箇所を特定するための方法 キッチンから水漏れが生じた際には故障箇所を特定することが重要となります。
多くの水回り設備には給排水設備が備わるものです。
キッチンの異常を感じた場合にはシンクの下を調べてみるのが良いでしょう。
給排水設備が老朽化していると水漏れを引き落とす原因に繋がります。
新築で建てた住宅であっても、黒カビや腐食が浸透していくと節々に故障が見られていくものです。
僅かな水の滴りであっても早期に対処を行うことが大切となるのです。
水回りの問題というと、自分で直すことを試みる方も多いものです。
市販の工具を使って修繕を試みる方は少なく無いものです。
水のトラブルは対処を間違うと大きな事故に繋がります。
素人判断で対処するのではなく恒久的な対応が必要となるのです。
キッチンに問題が起きた場合には、水道修理を専門に行う業者へ相談した方が良いでしょう。
多くの事業者が無料での事前相談に応じています。
修繕に要する費用を把握してから依頼することが出来るのです。
些細な問題であってもプロの目で見ると根深い問題であることも珍しくはありません。
キッチンに問題が起きた場合には、早めに対処を検討した方が良いのです。