キッチンの水漏れが起きた時にすべきこととは

キッチンの水漏れを一時的に止める方法

キッチンの水漏れを一時的に止める方法 キッチンの水漏れが起きる場合は、水栓つまり給水の方からくる場合と排水の方からくる場合があります。
それぞれによって対処法が変わりますのでご紹介しましょう。
まず、水栓からの水漏れの原因として考えられるのがほとんどのケースでパッキンの劣化によるものです。
水栓を閉めても水が漏れ出してくる場合はパッキンの劣化とまず考え、接続部のナットを時計回りに増し締めを行えば応急処置として一時的に漏れを抑えることができます。
これでも直らない場合はパッキンを交換しなければ直りませんので、止水栓を閉めて水を完全にストップさせましょう。
一方、キッチンの排水の方から水が漏れている場合、パッキンの劣化もありますが排水部品も劣化している可能性が高いです。
基本的に排水部品は樹脂で作られているので劣化しやすく、何十年の経過していればひびが入ってしまうこともあります。
ひび割れた箇所に補修テープを何重かに巻いておくと一時をしのぐことができるでしょう。
排水部品の交換やパッキンの交換は部品を取り寄せて自分で行っても良いですし、面倒な方は修理業者の方に修理を依頼されると良いでしょう。

キッチンの水漏れが発生しやすい配管を点検

キッチンの水漏れが発生しやすい配管を点検 キッチンの水漏れが発生しやすい配管は、自分で点検することもできます。
まずはシンク下をチェックしてみましょう。
流し台に設置された排水口のパッキンが劣化することで、シンク下の排水溝の接続部分から水がポタポタ垂れてることがあります。
シンク下を見てみると排水溝と排水管が確認できます。
この2つそれぞれの接続部分に、ナットなどの緩みが出ていないか確認するのもポイントです。
これらの接続部分を繋げる部分にゴムパッキンが使われていますが、このゴムパッキンが劣化すると水が漏れやすくなります。
蛇腹ホースなどにも穴や亀裂が入ることで水が漏れるのもキッチンでは多いケースです。
排水管の付け根部分から水が漏れだしてしまっている場合、排水管がつまっている可能性があります。
外せるなら外してキレイに掃除するのがベストですが、もし外せないという場合はパイプクリーナーや重曹などを使って、つまりを解消する対策を行う方法もあります。