キッチンの水漏れが起きた時にすべきこととは

このサイトではキッチンの水漏れが起きた際に対処する基本的な方法などを紹介します。
水が漏れていることを発見した場合に最初に行わなければならないことは、止水栓を止めることになります。
止水栓はシンク下にあるので、慌てず位置を確認して対処します。
シンク下にない場合は、家全体の水道の元栓を閉めることで、対処することができます。
蛇口付近ではなく配管で発生している場合もあるので、どこから水が漏れているのかしっかり確認する必要があります。

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説 キッチンの水漏れは、シンク周りで発生している場合とシンク下で発生している場合があります。
蛇口が原因の場合は、吐水口の先からポタポタと水が漏れている状態になり、パッキンの劣化によって引き起こっていることが多いです。
排水管からの水漏れの場合は、給水管や排水管等の結合部分の劣化が原因のパターンが多く、シンク下が水浸しになってしまいます。
キッチンで水漏れが引き起こった場合にまず行わなければならない取り組みは、止水栓を回して締めて、水浸しになっているシンク下や床などを拭き取ることが大切になります。
マンションなどの場合、下の階の方に迷惑をかけてしまう恐れがあるので、慌てずに冷静に対処することが大切になります。

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介 キッチンなどの水漏れは突然起こることがあり、特に集合住宅の場合は自分だけではなく周囲の人たちにも多大な迷惑をかけてしまう恐れもあります。
トラブルを引き起こさないためにも前もって原因をよく理解し、もしものときの対策の仕方もしっかりと頭に入れておきたいものです。
キッチンの水漏れの原因としては、排水口や蛇口に異常が見られる場合とシンク自体が破損している場合が考えられます。
ほとんどのシンクはステンレス製のため、強度が強くてサビにくいのが特徴ですが、長期間にわたって油や洗剤がこびりついたままになっていると腐食が進み、シンクに穴が開いてしまうこともあります。
シンクにサビを発生させないように、普段からシンク内に調理器具やサビついたものを置かないなどの注意が必要です。
実際に水漏れが発生した時には、まず止水栓を閉めましょう。
止水栓はシンクの下にありますが、見つからない場合やサビていて回らない場合もあるので、そのときは屋外に設置されている元栓を閉めます。
水が止まったのが確認できたら排水管のナットが緩んでいないかを確認し、ナットに問題が見られない場合は排水管や蛇口のパッキンの交換を行います。
それでも改善が見られない場合は専門の業者に依頼することを検討しましょう。

キッチン水漏れトラブルの業者選びのポイントとは

毎日使用しているキッチンがある日突然、シンクの下から水漏れが発生してしまった、蛇口をしっかりしめてもぽたぽたと水が出てくる、といったトラブルはよくあることです。そんな時に水回りトラブルの修理に関して全くの素人である自分で何とかしようとすると、余計に悪くなってしまう場合がありますので、できるだけ早めにプロの水漏れ業者に依頼するほうが最善といえます。
キッチントラブル業者を選ぶポイントは、良心的に対応してくれるかどうかです。依頼したときに、すぐに対応してくれること、見積もりを確実に出すこと、修理や出張費用がリーズナブルであること、さらには連絡してすぐに修理に応じる、といったことがポイントです。最新の電話帳などで調べることも出来ますが、インターネットなどはより参考になります。インターネットの口コミや評価などをチェックするなら、そこが良心的かどうかを知ることが出来ますのでぜひ参考にするとよいでしょう。

キッチンの水漏れを予防するためには、どうすればよいのか

"キッチンで水漏れが起こることはよくありますが、一番多いといわれている場所はシンクの下部です。その原因は食べ残しや調理時に出た細かいゴミがそのままシンクに流れてしまい、排水溝を詰まらせてしまうからです。さらにゴミや食べ残しが排水溝に溜まることで、排水管の腐食を起こしやすくします。普段から排水溝にはできるだけ食べ残しやゴミなどが流れ込まないように注意をすることが大切です。
また排水トラップにゴミが入らないように防ぐだけではなく、三角コーナーの設置や排水トラップにネットを取り付けて確実にゴミの流入を防ぐことで予防することができます。キッチンの水漏れは蛇口や排水溝などに使われている部品が劣化することで、つなぎ目に緩みができることで起こる場合があります。調理をした後は清潔に保つように掃除をこまめにすることと、定期的に部品の劣化によるゆるみはないかを確認して、発見した場合にはすぐに交換をすることが大事です。

キッチンの蛇口から水漏れが起きている場合に対処する際の注意点

キッチンの蛇口から水漏れが起きていて、自力で直そうとするには注意点があります。古い時代のキッチンの中には蛇口は壁側に取り付けられているタイプがあり、この蛇口であればパッキン交換は工具さえあれば簡単に直せる範囲ですが、台座付きや新しい1ホールタイプの蛇口の中には、見えている部分から分解できるタイプとそうではないタイプに分かれます。
説明書があれば簡単に理解できますが、もしも見えている部分から分解できないという蛇口の場合は、シンク台の下側の奥に給水管と連結している箇所を探せるので、目視点検を行ってみることは推奨できます。キッチンによる違いがあり、連結部分は奥側の高い位置にあることが多く、六角レンチで外せるものですが普通の工具では手が届かない可能性は高いものです。この条件では自力での解決は諦めた方が良く、水のトラブルを専門にする会社に依頼をする他に、お近くにホームセンターがあれば購入と同時に取り付けも依頼することでパッキン交換や蛇口交換は行えます。

キッチンで発生する水漏れトラブルの解決法

水回りトラブルの中でもキッチンの水漏れは、最も多いトラブルです。キッチンの排水口がつまってしまった、シンク回りが水浸しになってしまったなど水漏れによる問題が多く発生しています。もし、蛇口から水が漏れているのであれば、新しい蛇口に変えるだけで対処できる可能性があります。蛇口を使用してから約10年ほどが経過すると水が漏れやすくなるため、蛇口だけでなく内部に取り付けられているパッキンを交換しなければいけません。ホームセンターなどでも蛇口やパッキンを購入し自分で交換することもできるので試してみるといいでしょう。さらに排水管がつまり水が漏れている場合には、異物を取り除くためにラバーカップを使用してみることをおすすめします。
万が一、給水管が原因で水が漏れているのであれば、ナットが緩んでいる可能性があります。このような場合は、ナットを締め直すほかにも潤滑油を塗ると以前よりも快適に水回りを使用できるようになります。

突然発生したキッチン水漏れの修理は放置しないほうがいい

突発的に、水回りの故障が発生するようなこともあります。水回りの中でもキッチンの床になります。特にキッチンの水漏れ等は顕著になることが多いかもしれません。15年ぐらい同じキッチンを使っている場合は、水道管から水漏れが発生し、修理が必要になります。
大抵の場合、この時自分たちでなんとかしたいと考えるかもしれません。確かに業者に依頼するまでもない内容のものもあります。ガムテープでとめれば何とかなるようなものもあるため、そこにお金を使う必要はないといえます。ただ、早急に行わなければいけないものがあるでしょう。例えば、水たまりが発生する位の水が漏れているような場合です。このときには応急処置をすることが大事になりますが、業者に連絡をしないといけません。そのまま放置をしていると、何ヶ月も経過してしまえば床が腐ってしまい大変なことになりかねません。そのような場面においては、直接修理会社に依頼をして早めに修理してもらうべきです。

キッチンの水漏れ相談はこちら!

キッチン 水漏れ 松江市