キッチンの水漏れが起きた時にすべきこととは

このサイトではキッチンの水漏れが起きた際に対処する基本的な方法などを紹介します。
水が漏れていることを発見した場合に最初に行わなければならないことは、止水栓を止めることになります。
止水栓はシンク下にあるので、慌てず位置を確認して対処します。
シンク下にない場合は、家全体の水道の元栓を閉めることで、対処することができます。
蛇口付近ではなく配管で発生している場合もあるので、どこから水が漏れているのかしっかり確認する必要があります。

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説 キッチンの水漏れは、シンク周りで発生している場合とシンク下で発生している場合があります。
蛇口が原因の場合は、吐水口の先からポタポタと水が漏れている状態になり、パッキンの劣化によって引き起こっていることが多いです。
排水管からの水漏れの場合は、給水管や排水管等の結合部分の劣化が原因のパターンが多く、シンク下が水浸しになってしまいます。
キッチンで水漏れが引き起こった場合にまず行わなければならない取り組みは、止水栓を回して締めて、水浸しになっているシンク下や床などを拭き取ることが大切になります。
マンションなどの場合、下の階の方に迷惑をかけてしまう恐れがあるので、慌てずに冷静に対処することが大切になります。

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介 キッチンなどの水漏れは突然起こることがあり、特に集合住宅の場合は自分だけではなく周囲の人たちにも多大な迷惑をかけてしまう恐れもあります。
トラブルを引き起こさないためにも前もって原因をよく理解し、もしものときの対策の仕方もしっかりと頭に入れておきたいものです。
キッチンの水漏れの原因としては、排水口や蛇口に異常が見られる場合とシンク自体が破損している場合が考えられます。
ほとんどのシンクはステンレス製のため、強度が強くてサビにくいのが特徴ですが、長期間にわたって油や洗剤がこびりついたままになっていると腐食が進み、シンクに穴が開いてしまうこともあります。
シンクにサビを発生させないように、普段からシンク内に調理器具やサビついたものを置かないなどの注意が必要です。
実際に水漏れが発生した時には、まず止水栓を閉めましょう。
止水栓はシンクの下にありますが、見つからない場合やサビていて回らない場合もあるので、そのときは屋外に設置されている元栓を閉めます。
水が止まったのが確認できたら排水管のナットが緩んでいないかを確認し、ナットに問題が見られない場合は排水管や蛇口のパッキンの交換を行います。
それでも改善が見られない場合は専門の業者に依頼することを検討しましょう。

キッチンの水漏れ相談はこちら!

キッチン 水漏れ 松江市